CK10x Vol.3: 知って後悔!トラックボールのすすめ

更新日:2021年12月26日


知って後悔・・という経験、ありませんか。

良い意味で、です。


つまり、「もっと早くに知っておけば・・」というものです。


最近いちばん衝撃だったのが、マウスの代わりになる「トラックボール」でした。


前から色々良いとエンジニア界隈で言われていましたが・・11月に思い切って買ってみました。ダメならショップに置いてスタッフが使えばいいや、と。


結果・・衝撃的でした。


こんなものを、僕は見逃していたなんて。


マウスを「動かす」という概念が無くなることが、こんなに自由を生むなんて。

そして、肩、首の重みがなくなるなんて。


トラックボールの操作には、マウスからの移行は少し戸惑いますが、なにより

本体そのものを置いておくだけで良い、というのが、どれほど机に快適さを生むか。


マウスよりも少し大きいトラックボールですが、そこに置いておくだけで良いので、作業スペースは「トラックボール」そのものだけです。マウスのように移動空間を考慮したり、いちいち何度もマウスを宙にあげてまた滑らせる、あの不毛な上下左右移動がなくなります。


腕を持ちあげるという行為はそれだけで5㎏近くのダンベルを毎回あげているのと同じです。そりゃ、肩も首も痛くなりますよね。自分の腕だけでこの重さ。それにアップルウォッチやら時計やアクセサリーをはめている人がマウスを1分間に5-6回持ちあげるとしたら・・


しかもトラックボール、数万円もしません。

数千円です。僕がかったものは5000円でした。

良いマウスは2万円します。

それよりも腕に優しいトラックボールは、その1/4.


浮いたお金で何しましょうか?

軽くなった肩と首で、何をやりたいですか?


Course-K使用トラックボール:Logicool ERGO M5755











閲覧数:1回0件のコメント