CK10x Vol.2: 1D8H24Tメソッド

更新日:2021年12月26日


1日8時間働くとして、最低24個のタスクが出来るようになるメソッドです。

ポモドーロタイマーというものを使います。

コストは0円で、取り組める仕事量が今日から5倍になります。


用意するもの:ポモドーロタイマーアプリ(無料)

 →アプリをダウンロードできないという方は、スマホの「タイマー」機能でも良い

 →Course-KはXiaomi Band6に常備されているのでそれを使っています。


ルール:

・1タスク15分:15分以上は脳が集中できなくなり、効率が落ちます。そのため、15分やったら5分休憩、を繰り返します。

・1時間3タスク(15分+5分の3セット):15分のタスクと、5分の休憩を1セット。

 これを3セット繰り返すと1時間になります。

・同じタスクを連続しない:5分休憩挟んでるので、本当は連続してもいいのですが、脳は浮気性なので、違う事をやらせたほうが、1日のトータル処理パフォーマンスが上がります。15分で終わらなかった場合は、別の時間枠(8時にやったとしたら10時など)に置きましょう。


方法:

1) NWLSで分けたタスクを1時間に3つだけ割り振る。

 →1タスク15分

2)とりあえず24個埋めてみるか、午前だけ埋めてみる。

 →あとで入れ替えてもいいのです。だって24コマもあるんだから。

3)休憩時間は、出来るだけ全く違う事をやる。

 →運動、トイレ・・なんでもいいから、全く違う事をやる。

  筋トレでいう超回復です。

4)15分で終わらせようとしない。

 →15分で終わらせることが目的ではないので、無理しない。


さぁ、とりあえず午前だけでも、やってみましょう。

1時間3タスクだけでもいいです。


騙されたと思って。


(やった後に)


・・・どうでしたか?

1時間に3つの別の事が出来るなんて、自分で信じられませんか?


これを8時間やれば、24個に取り組めるのですよ?

平日5日で120個のタスク。


もちろん仕事によって消費するタスク量が違うので、120個の異なる事がこなせるわけではないですが、今までのように1つの事にずーっと無駄に数時間使って午前中あっという間に終わり、という事はなくなるはずです。


あなたの仕事のキャパとバリエーションはこれで、いきなり4-5倍に増えます。


僕なら、ここに1-2つ、ShouldではなくWantを埋め込みます。やらないといけない仕事の合間にも1-2タスク、動画編集とか、語学の勉強とか、そういうのを日々埋め込んでいます。


凡人でもでき、無料で出来る「超人なみにマルチタスクする方法」は、実はこんなに簡単でお手軽なんです。


騙されたと思って、まず午前だけ、午後だけでもやってみませんか?










閲覧数:2回0件のコメント